症例写真の掲載について

並木Sクリニックでは、厚生労働省・消費者庁の方針に従い、ホームページや医療広告には施術前後の写真を掲載しておりません。
施術前後の写真や参考例などの写真は、カウンセリング時にご覧いただき、医師からも詳しく説明させていただきます。

食事や間食で摂取した脂肪はそのままの状態で吸収されるのではなく、リパーゼという酵素によって分解され体内に吸収されていきます。
脂肪分解阻害剤は、リパーゼの働きを抑えることで摂取した脂肪の30%を分解せずに体外に排出するので、脂肪の吸収を抑える作用を持っています。
吸収されなかった脂肪は、腸を通ってそのままの状態で排出されるので、内服開始当初はお腹がゆるくなることがありますが、継続使用することで慣れていきますのでご安心下さい。
ゼニカルは処方箋を必要とする体重コントロール薬品で、深刻な肥満を長期的に治していくのにたいへん有効な薬です。
ゼニカルは、高血圧症や糖尿病等を引き起こす高血圧や、高コレステロール、高血糖値等の危険因子を改善できます。

食欲は人間の脳にある満腹中枢で支配されています。満腹中枢が刺激されている状態だと、「お腹がいっぱい」と感じることができるので、食欲抑制剤によって満腹中枢を刺激することで、空腹を感じることが無いようにする効果があります。
食欲抑制剤の内服を継続することで「いつもお腹がいっぱいだ」と感じるようになるので、無理に我慢しなくても食事の量が減り、ダイエットができるという仕組みです。

インディバは、医療現場でも使用されるほど安全性が高く、効果のある高周波が体の深くまで加温することができます。温泉、サウナのような外からの熱源ではなく、インディバは体の内側の6cm~12cmの部分まで届いて、脂肪を燃焼させ、冷えを取り除き体内の臓器のもつ機能を回復させ、痩身や美容効果だけではなく「体質改善」、「免疫力向上」まで行うことができるのです。

インディバの熱エネルギーは「ジュール熱」とよばれるもので、高周波が体内に透過し、体内の細胞内の分子を振動させ、その摩擦でうまれる自分自身の体内温熱で体内の熱を通常の3~5℃、部位によっては7℃まで上昇させることができ、体を芯から暖めることができます。これは有酸素運動の約5倍にもなる温熱効果です。温まった体の熱は半日程度持続するため、施術終了後にも新陳代謝が高まりじっくり体質改善が行われるのです。
その結果、インディバボディは、痩身やボディラインを綺麗にするだけでなく、痩せやすい体になるほか、アンチエイジング、冷え性、肩こり、むくみ、セルライトなどの改善など様々な効果が期待できます。

「BNLS neo」は、近年FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認された脂肪溶解剤「デオキシコール酸」を追加した新しい脂肪溶解注射です。
従来のBNLS注射は、脂肪溶解・リンパの流れ改善・肌の引き締めにより、短期間で効果を実感できました。さらに新しくなった「BNLS neo」は、脂肪溶解効果が従来のものより30%もアップしています。
ダイエットしてもなかなか落ちない頬やあごなどのお顔の脂肪、わき腹・下腹・太ももなどの気になる体の脂肪、どちらにもご利用いただけます。
植物から抽出した成分が主成分となっているため、ダウンタイム・副作用の少ない安全な治療です。

フォスファチジルコリンを主成分とした通常の脂肪溶解注射に比べ、施術後の腫れや痛み、赤み熱感が大幅に軽減しているため、負担の少ない治療です。

通常の脂肪溶解注射は、脂肪量の変化を確認するのに2~3週間要するのに比べ、輪郭注射は2~3日という短期間で変化を確認できます。

脂肪溶解注射は、フォスファチジルコリンと呼ばれる薬剤を使用する脂肪除去治療です。この薬剤は、もともとは高脂血症や脂肪肝等の治療薬として使用されていたものですが、これを特殊な注射機器と極細の注射針を使い、脂肪を減らしたい部位と皮下脂肪層に注射することで皮下脂肪が減少します。溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されます。
溶解皮下注射を利用した治療法はメソセラピーと呼ばれ、ヨーロッパでは古くから行われてきた治療法です。近年になって、脂肪溶解治療としての利用に注目が集まっています。

カニューレと呼ばれる吸引管を使って細くしたい部分の脂肪細胞を吸引します。脂肪細胞自体を吸引するため、リバウンドの心配がほとんどありません。また、気になる部分だけ痩せられるというメリットがあります。

年間3万人を超える患者様へ
安心と美をご提供しています。

心から安らげるお手入れはもちろん、
お客さまの想像を超える「結果」と「サービス」をご提供し、
お客様に最上の喜びを感じていただくために
最高の技術とおもてなしを提供いたします。

このサイトを広める