加齢とともに、下まぶた「しわ」「たるみ」「クマ」などが目立つようになります。
下眼瞼たるみとり術とは、下まぶたのたるみやシワを改善し、目袋やクマを浅くすることによりバランスののとれたハリのある若々しい目元を作る手術です。
並木Sクリニック式の下眼瞼切開術では、たるんだ皮膚を切除しシワやたるみを引き延ばすだけでなく、同時に緩んだ筋肉も引き上げて、下まぶたをしっかり引き上げます。
皮膚と筋肉を同時に引き上げるため、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込み、単に脂肪を除去するだけでなく、下まぶたの溝目に脂肪を移動することにより、クマの原因になる凹みを浅くします。
下瞼の脂肪の張り出しによるクマのラインが目立つ患者様には経結膜的脂肪移動術(裏ハムラ法)もお勧めしておりますので、まずはご相談ください。

年間3万人を超える患者様へ
安心と美をご提供しています。

心から安らげるお手入れはもちろん、
お客さまの想像を超える「結果」と「サービス」をご提供し、
お客様に最上の喜びを感じていただくために
最高の技術とおもてなしを提供いたします。

このサイトを広める