症例写真の掲載について

並木Sクリニックでは、厚生労働省・消費者庁の方針に従い、ホームページや医療広告には施術前後の写真を掲載しておりません。
施術前後の写真や参考例などの写真は、カウンセリング時にご覧いただき、医師からも詳しく説明させていただきます。

埋没法は髪の毛ほどの細い専用の極細糸を用いて、まぶたの瞼板に2~4箇所固定し、二重のラインをつくる手術です。
約10~20分間程度で簡単に自然な二重を作ることができ、やり直しや元に戻すことが出来るプチ整形です。
ダウンタイムも少なく、お気軽に受けて頂ける施術です。

並木Sクリニックの埋没法では、仕上がりの美しさと持続性を追求し、一般的に行われている「2点留め」や「4点留め」といった点固定は行わず、線で固定する〝ループ式埋没法〟を行っています。
この術式は、点固定する術式とは違い、1本の糸をループ状の線で固定することで、取れにくく、しっかりと安定したライン、自然で美しい二重を形成することが出来ます。

※上瞼状態やご希望の二重により2点留め、4点留めもご提案いたします。

並木Sクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。
事前にシミュレーションをしっかりと行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。
そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

腫れぼったい目の原因となる目の上の脂肪も取り除くことができるのが、この切開法です。確実にかつ永続的に、二重まぶたにできる切開法が、外国人風なはっきりした深めのラインを希望される患者様にとっては最も欠点の少ない手術方法であるといえます。
全切開法はご希望の二重のラインに沿って上まぶたの皮膚を切開し、きれいですっきりとした永久的な二重を作る手術です。
希望の二重のラインに沿って切開を加え、余分な皮膚や脂肪を取り除き、組織を縫合し二重を作ります。
たるみや腫れぼったい印象も改善することができ、すっきりとした二重まぶたに整います。
丁寧な手術と丁寧な縫合を行うため、傷は目立つことはなく、きれいな二重へと仕上がります。
埋没法に比べ、手術後に元に戻る心配がほとんど無い方法です。

全切開の手術時に余分な脂肪は除去しますが、生まれつき脂肪量が多い方には、同時に上まぶたの脂肪をさらに除去する必要があります。
脱脂術は上まぶたの一部(3mm程度)を切開し、まぶたの奥にある脂肪を除去する手術です。
二重をつくる手術に併せて行うことですっきりとした二重を作り上げます。

全切開の手術時に余分な脂肪は除去しますが、生まれつき脂肪量が多い方には、同時に上まぶたの脂肪をさらに除去する必要があります。
上眼瞼ROOF切除においては、二重のラインまたは眉毛の下に沿って切開し、ROOF(ルーフ)と呼ばれる眉毛の下あたりの皮下脂肪のかたまりを切除することで、腫れぼったく見えるまぶたをすっきりとさせます。

加齢と共にまぶたがたるむことで、早い方で30代から「以前はキレイな二重だったのに最近、皮膚がたるんで二重の幅が狭くなった。」「とても老けて見られる。」といった悩みが出てきます。上まぶたの皮膚は人間の身体の中で最も薄い層で出来ています。また上まぶたは、まばたきなどにより非常に頻回に動かすため、皮膚に負担がかかり他の部位よりシワ、たるみが目立つのです。
更にハードコンタクトレンズの使用により、筋肉に負担がかかることにより眼瞼下垂という症状が起こると非常に重いたるみとなって現れます。
そういった悩みは余分な皮膚(たるみ)や脂肪を取り除きたるみの原因を根本から改善することで、以前の状態に戻すことができます。
また、もっと目を大きくすることも、気づかれないくらい自然に仕上げることも、ご希望に応じて調節は可能です。満足度が高く、一気に5歳は若く見られる若返り術として人気を集めています。

腫れが少ないのもこの方法が人気である理由の一つです。
術後の経過が気になる方におすすめです。

前髪をおろしていただくと傷跡も目立ちません。
抜糸後はアイブローやコンシーラーで隠すこともできます。

まぶたを切開する施術に比べると、ダウンタイムも軽いため術後が楽で、手軽に受けられる人気の施術です。

日本人における目の特徴として、目頭に「蒙古ひだ」といわれる皮下組織が張っている場合が多く、二重まぶたであってもこのひだが二重まぶたのラインをさえぎり、平行型の二重まぶたを形成しにくいといった点があります。
目頭切開法は、目頭部分を覆っている蒙古襞を広げる手術で、目の横幅が広がり、目が大きく見えるとともに、鼻筋も通った印象になり顔全体が垢抜けた雰囲気に整います。
また、平行型の二重ラインにも有効な手術となります。
並木Sクリニックで行っている目頭切開の手術法は、「Z法」「内田変法」「単純皮膚切除法」ですが、主にしっかり目頭をカットしたい場合は「内田変法」、あまり目頭を近づけずに自然な目頭に形成する場合は「Z法」を用いています。単純皮膚切除法は傷跡が目立ちやすく、仕上がりも蒙古ひだが瘢痕収縮を起こし不自然になることが多いためお勧めしていません。

Z法には下記のような特徴があります。

・傷跡がケロイドのように赤く盛り上がることがほとんどない。
・平行型の二重を作りやすい。
・傷跡は正面から見えるが最終的には目立ちにくい

当院では患者様の希望や目の状態によって最適な方法をご提案しています。

内田変法には下記のような特徴があります。

・Z法と比べると、目頭の皮膚切除量が多くがしっかり寄せることができる
・Z法と比べ、平行型の二重になりやすい。
・Z法と比べ、術後1ヶ月間は傷跡が赤く盛り上がり目立つことがある。

当院では患者様の希望や目の状態によって最適な方法をご提案しています。

上眼瞼リフトは上まぶたのたるみを改善する手術です。眉毛下のたるみを取り除くことにより、すっきりした若々しい印象になります。
たるみにより二重の幅が狭くなった方や二重の食い込みを浅くしたい方、二重を希望しない場合に有効な手術です。
手術後は自然ですっきりとしたまぶたになり、たるみが原因による頭痛や肩こりにも改善にも効果的な手術です。

また、顔全体のイメージや好み、眉毛と目の距離感等を鑑み、下記のような手術をご提案させていただくこともあります。

眉毛の上から余分な皮膚を切除したるみを改善します。
眉毛が下がっている方や二重幅を自然に広く見せたい方にも適しています。
目とまゆ毛が離れると顔の彫りが浅くなりさっぱりとした印象になります。

額のゆるみが原因によるまぶたのたるみには前額リフトが適しています。
目と眉を遠ざける効果があります。
目とまゆ毛が離れると顔の彫りが浅くなりさっぱりとした印象になりますが、その反面間延びしたイメージになります。
どの手術法を選択するかはその方の顔全体のイメージや好みと眉毛と目の距離感で決まります。

眼瞼下垂により目を大きく開けない(瞼を挙げる力が弱い)と、眉毛を挙げることにより目を大きく開こうとする癖がつき、まつ毛と眉毛の距離が広くなり、目の上がくぼんで見え年齢以上に老けて見えてしまします。
また、常におでこの筋肉が緊張しているため、頭痛や肩こりの原因にもなります。 

並木Sクリニックの眼瞼下垂手術は、目を開ける筋肉を縫い縮め、目力を上げると同時に二重形成を行います。
目力が上がり黒目がはっきりと出ることにより、ぱっちりとした大きな目、活き活きとした華やかな印象に仕上がり、
まぶたが開きやすくなる、おでこの筋肉を使わなくなるのでしわが減り眉毛の位置が下がる、まぶたのくぼみが改善する等の効果があります。

並木Sクリニックでは、患者様のご希望を実現するために、様々なデザインや術式がございます。
事前にシミュレーションなどを行い、患者様と術後の仕上がりを確認し、それを基に適した術式や手技を決定致します。
そのため、おひとりおひとりの細かいご要望やこだわりを実現致します。

手術中に仮留めを行い、二重の幅や形、目の開き具合を患者様ご自身で確認頂けます。
確認後、細かいデザインのご指摘やご要望の際には、ご希望に沿えるまで微調整を繰り返し行うことで、ご希望通りに仕上がります。

目の下の皮膚はお顔の他の部分の皮膚と異なり大変薄いのが特徴です。
そのため、うっ血(血液循環が悪くなって起こるもの)やメラニン色素が薄い皮膚を通して透けて見えるといわゆる「くま」といわれる状態になります。低血圧の人によく見られ、特に朝起きた時は濃くしっかりとしたくまが見られます。メラニン色素によるものは灰色っぽいような茶色に見えることが多いです。
しかし、もっとも多い原因は目の下の脂肪による膨らみ(下まぶたのたるみ)です。
本来眼球の周りにある眼窩脂肪が前の方にせり出てくると目の下に膨らみが生じ、その膨らみの下が影になり、くまが強調されて見えます。
この眼窩脂肪がせり出てくる原因は、加齢により目の下の皮膚や皮下組織(特に眼輪筋)の緊張が減少して生じる場合と、生まれつき眼窩脂肪が目の下に溜まっている場合とがあります。
そのため、若い方にも多い悩みです。
かなり高齢の方でたるみが多い場合は、たるみ取りの手術が最適ですが、多くの方はこのせり出てきた眼窩脂肪を取り除くだけで、くまが改善されるだけではなく、若々しいすっきりした目元になります。

裏ハムラ法

並木Sクリニックでは、下まぶたの脂肪の張り出しによるクマのラインが目立つ患者様には経結膜的脂肪移動術(裏ハムラ法)をお勧めします。
これは、結膜側から切開して、脂肪を取り出すのではなく、クマになっているラインの骨膜の下に脂肪を敷きこんでクマを消してしまう方法です。
傷跡が全く表に現れないので、傷の心配をする必要が全くありません。
目の下のたるみ・クマ整形としてはその効果が半永久的なので、目の下のたるみやくまが軽度の方や切開をしたくないという方にはとても人気がある施術方法となっています。

ヒアアイズとは、目の下のクマ、小じわ、たるみに注入することで、フラボノイドやサポニンなどの成分が抗酸化作用や血流促進により改善が期待できます。
手術のような劇的な変化はありませんが、顔の印象をさりげなく変えたり若返らせることが可能です。
注射を打つだけの施術なので、長いダウンタイムはありません。

※治療効果は個人差がありますが、2週間に1回づつ、5回くらいが理想です。(1クール)

自分の体から余分な脂肪を吸引して、ほうれい線・こめかみ・頬・目の下など気になる箇所に注入する施術です。ご自分の脂肪を注入するため自然な感触にしあがります。また、傷跡(注射跡)も時間の経過とともに目立たなくなります。

加齢とともに、下まぶた「しわ」「たるみ」「クマ」などが目立つようになります。
下眼瞼たるみとり術とは、下まぶたのたるみやシワを改善し、目袋やクマを浅くすることによりバランスののとれたハリのある若々しい目元を作る手術です。
並木Sクリニック式の下眼瞼切開術では、たるんだ皮膚を切除しシワやたるみを引き延ばすだけでなく、同時に緩んだ筋肉も引き上げて、下まぶたをしっかり引き上げます。
皮膚と筋肉を同時に引き上げるため、目の奥の脂肪をしっかりと押さえ込み、単に脂肪を除去するだけでなく、下まぶたの溝目に脂肪を移動することにより、クマの原因になる凹みを浅くします。
下瞼の脂肪の張り出しによるクマのラインが目立つ患者様には経結膜的脂肪移動術(裏ハムラ法)もお勧めしておりますので、まずはご相談ください。

額のたるみにより、下がった八の字眉毛や目の上のかぶりが生じることで、暗く疲れた印象や老け込んだ印象になります。
この額のたるみを持ち上げようとして額の横じわがさらに深くなり、より老けて見えてしまいます。
たるみやしわの状態により前額フェイスリフト術と前額部ミニフェイスフィフト術があります。

髪の生え際や頭皮内を切開し、額のたるんだ皮膚を引き上げてリフトアップする手術です。
まぶたから上半分の顔全体を引き上げ、明るい華やかな表情になり、若々しいさが復活します。
傷跡は髪の毛の生え際部分や頭皮内のため目立つ傷にはなりません。

年間3万人を超える患者様へ
安心と美をご提供しています。

心から安らげるお手入れはもちろん、
お客さまの想像を超える「結果」と「サービス」をご提供し、
お客様に最上の喜びを感じていただくために
最高の技術とおもてなしを提供いたします。

このサイトを広める