症例写真の掲載について

並木Sクリニックでは、厚生労働省・消費者庁の方針に従い、ホームページや医療広告には施術前後の写真を掲載しておりません。
施術前後の写真や参考例などの写真は、カウンセリング時にご覧いただき、医師からも詳しく説明させていただきます。

広島の並木Sクリニック施術 スペクトラ

今まで肝斑に対しては、レーザーや光治療器を照射することはタブーとされてきました。
しかし最新Qスイッチレーザー「スペクトラ」によるトーニング照射によって、肝斑治療が可能となりました。
世界一短いパルス照射時間でレーザーを低出力で照射することにより、レーザー光の刺激を抑えた新しい治療法です。
皮膚のメラニンを選択的に少しずつ破壊しながらも周囲の皮膚組織に損傷を与えないので、安全かつ確実な治療が行えます。
破壊されたメラニンは、肌のターンオーバーとともに排出されますので、回数を重ねるごとに肝斑が薄くなっていくのを実感できます。
照射時間も5~10分程度で、ダウンタイムや副作用がなく、日常生活には支障がありません。
クレンジング後すぐに照射でき、即メイクしての帰宅が可能です。

広島の並木Sクリニック施術 肝斑治療(内服・外用薬)

「Dr’sライン4」を1日2回朝・夜使用します。皮膚を清潔にし、気になる箇所に薄く塗布することで、L-システイン・ビタミンC同様「チロシナーゼ」を阻害します。
メラノサイトに直接塗布することで強い漂白効果を発揮します。トレチノインを併用することによりさらに効果が上がります。

「Dr’sライン5-1」と「Dr’sライン6」を混ぜて1日1回夜のみ使用します。皮膚を清潔にし、気になる箇所に薄く塗布することで、皮膚のターンオーバーを早くします。
その結果、表皮内にある色素が早く排泄されるようになります。

1日3回朝・昼・夜に2錠ずつ服用します。炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン」作用を持っており、アレルギー症状や炎症の緩和、止血作用などがあります。
ビタミンC・ビタミンEと合わせて服用いただくと、さらに効果的です。

シナール内服

1日3回(朝・昼・夜)、1回につき2錠服用します。
メラニンの産生量を抑え、L-システイン同様「チロシナーゼ」の活性を阻害し、還元する働きも持っています。

ハイチオール内服

1日3回(朝・昼・夜)、1回につき1錠服用します。
メラニンが作られる段階で必要な酵素「チロシナーゼ」の作用を抑えます。また、「チロシナーゼ」自体の生成を阻害したり、皮膚の新陳代謝を活発にし、メラニンの排出を促します。

ユベラ内服

1日3回(朝・昼・夜)、1回につき1錠服用します。
末梢の血管を補強し、血行をよくする作用があるので、血行障害や動脈硬化症などにも用いられます。
今までトラネキサム酸の服用を控えて頂いていた高血圧、高脂血しょう等の方でも、ユベラを内服することで末梢血管の血行を良くし、トラネキサム酸の服用が可能になります。

年間3万人を超える患者様へ
安心と美をご提供しています。

心から安らげるお手入れはもちろん、
お客さまの想像を超える「結果」と「サービス」をご提供し、
お客様に最上の喜びを感じていただくために
最高の技術とおもてなしを提供いたします。

このサイトを広める