目の下の皮膚はお顔の他の部分の皮膚と異なり大変薄いのが特徴です。
そのため、うっ血(血液循環が悪くなって起こるもの)やメラニン色素が薄い皮膚を通して透けて見えるといわゆる「くま」といわれる状態になります。低血圧の人によく見られ、特に朝起きた時は濃くしっかりとしたくまが見られます。メラニン色素によるものは灰色っぽいような茶色に見えることが多いです。
しかし、もっとも多い原因は目の下の脂肪による膨らみ(下まぶたのたるみ)です。
本来眼球の周りにある眼窩脂肪が前の方にせり出てくると目の下に膨らみが生じ、その膨らみの下が影になり、くまが強調されて見えます。
この眼窩脂肪がせり出てくる原因は、加齢により目の下の皮膚や皮下組織(特に眼輪筋)の緊張が減少して生じる場合と、生まれつき眼窩脂肪が目の下に溜まっている場合とがあります。
そのため、若い方にも多い悩みです。
かなり高齢の方でたるみが多い場合は、たるみ取りの手術が最適ですが、多くの方はこのせり出てきた眼窩脂肪を取り除くだけで、くまが改善されるだけではなく、若々しいすっきりした目元になります。

年間3万人を超える患者様へ
安心と美をご提供しています。

心から安らげるお手入れはもちろん、
お客さまの想像を超える「結果」と「サービス」をご提供し、
お客様に最上の喜びを感じていただくために
最高の技術とおもてなしを提供いたします。

このサイトを広める